親が出来る子どもの電車通学時の防犯対策

電車通学 防犯

子供が電車通学になり、気になるのは通学に使う電車の中での防犯です。特に小さい小学生は親から離れて自分で行くため、慣れない事も多く大変な思いをするようです。親も子供が果たして無事に学校に着いただろうか?学校が終わってから、ちゃんと帰宅出来るだろうか?と心配でなりません。そんな親の心配を少しでも軽減出来るように防犯対策グッズやサービスが色々とあります。電車通学を快適に出来るアイテムの1つが防犯ブザーです。最近では、色んなタイプの防犯ブザーが出ています。小型でも大音量が出るタイプや動きの激しい子供にも対応出来るように耐久性があり勿論防水仕様になっています。サイズも小さいのでかばんや衣服につけても子供も気になりません。デザインも色々あるので、子供に選ばせてあげると喜んでつけてくれる事でしょう。

電車通学の防犯対策は1つだけに頼らない

電車通学を始めるにあたって、子供の安全や親の心配を軽減させる為に防犯対策をしっかりとしておきたいものです。防犯対策グッズやサービスを有効活用しましょう。防犯ブザーが一番手軽で効果も強いです。それ以外にもキッズケータイやGPS機能がついたグッズもあります。ケータイはいざと言う時にすぐに連絡が取りあえるので便利なツールですが、学校によっては持ち物で禁止されている事もある為、事前に確認が必要です。GPS機能がついたグッズは防犯ブザーのように小型サイズの物が多く、親がすぐに場所を確認出来る為、とても有効アイテムです。あと注意したい点は子供が小さいと持ち物に全て名前を書きますが、電車は不特定多数の人が利用するので、個人情報が見えないように書くようにする等の配慮をするようにしましょう。

学校や公共機関のサービスも最大限活用しよう

子供の電車通学の防犯対策はグッズも最適ですが、学校や公共機関の子供みまもりサービスがあるので、こちらも活用しましょう。学校のサービスとしては、朝の通学時に門を通る時と学校が終わって下校する時に門を通るとお知らせしてくれるサービスがあります。公共機関のサービス内容としては、駅の改札口にてICカードを利用して通過するとお知らせしてくれます。公共機関のサービスは通過時刻、利用駅、チャージ残高もお知らせしてくれます。どちらも事前に登録が必要になりますが、親が朝に家を送り出した時から帰宅するまでの間、ずっと心配しなくても済むようになります。電車通学は子供にとっても親にとっても心配事がつきものですが、子供が楽しく学校に通えるように、新学期前に防犯対策は準備してあげましょう。