子供の電車通学時に役立つ防犯グッズの紹介

電車通学 防犯

近年、子供を巻き込んだ犯罪が増え、防犯に対しての意識が高くなってきています。特に電車通学をしている子供は自宅から離れた学校に通学していることが多いので、連れ去りを心配されている方は多いと思います。そのためにも防犯対策をしっかりと講じる必要があります。ここではおすすめの防犯対策などをご紹介していきたいと思います。まずは家庭でできることとして、約束事を決めることが大事です。なるべく一人で帰らない。死角になりやすい場所には近づかない。など危険から回避できるようにしておきます。その次に避難場所の確認です。例えば、現在全国の鉄道事業者ではこども110番の駅が運用されています。危険を感じた子供の保護、通報連絡をしてくれますので、どの駅が応対可能駅なのかを調べておくと役立ちます。

子供が使いやすいおすすめの防犯グッズ

一番使われている防犯グッズは防犯ブザーです。ランドセルに簡単に取り付けられ、使い方も簡単なのが魅力です。いろいろな防犯ブザーがありますが、音の大きさが100db以上で防水機能や耐衝撃機能がついているものがおすすめです。次にGPS機能がついている携帯電話です。位置情報を随時確認できることが最大の魅力です。電車通学の場合ですと、子供の位置情報がわかったほうが安心できると思いますが、学校によっては携帯電話が禁止されているケースもありますので、防犯ブザーにGPS機能が備わっているタイプもおすすめです。初めての防犯グッズを購入するときにはこの2つを揃えることが多いようです。また、交通系ICカードを使って改札の通貨時間を把握できるサービスもあります。自宅から通学先までを確認することができるので、こちらも利用してみるといいでしょう。

親も子供も防犯意識を常に持ち、対応できる力つけよう

早い子は小学校入学から電車通学が始まります。一人で心細い中での通学は子供も親も不安です。犯罪に巻き込まれないためにも、常に意識を高く持つことが重要となります。万が一に備えて防犯グッズを持たせることは、子供を守る一つの手段です。よりセキュリティーを高めたい場合は、セキュリティー会社から出されている防犯グッズもあります。こちらはガードマンが必要に応じて駆けつけてくれるサービスがあります。登下校の時間帯、通学時間、通学路の様子などから必要に応じた防犯が必要となります。大切なお子様が被害者にならないように、親子で防犯意識を高く持ち身につけることが大切です。いざというときに正しく防犯グッズを使えるように定期的に確認し、子供自身危険から身を守れる力も養うようにしましょう。