グッズだけではない電車通学時ならではの防犯対策の紹介

電車通学 防犯

電車通学をするお子様をお持ちの方は、通学中何かあったらと心配なのではないでしょうか。ひとりで電車に乗って通学する子供本人もそうですが、親としてもとても不安になることでしょう。そこで、電車通学の防犯対策について紹介します。1つ目は警察の取り組みを理解しておきましょう。子供たちの下校時間に合わせて退職した警察官をスクールサポーターとして学校に配置しパトロールを強化するような対策に取り組んでいます。2つ目はあらかじめ通学路を確認し、駅までのルートはそこを使うようにするなどの工夫をすることです。また、そのルート内にある交番やこども110番の家などの場所をしっかり把握しておくことです。3つ目は電車内で騒いだりせず、マナーをしっかり守ることです。車内での態度などで危険な目に遭う事を避けることです。

子供の毎日の電車通学に知っておきたい防犯対策

防犯対策と言えばまずは防犯グッズを思い浮かべる方が多いでしょう。防犯ブザーなどのグッズでは、電車通学ともなると電車の中で大きな音を鳴らす事も出来ません。そこで毎日の電車通学に知っておくとよい防犯対策をご紹介します。まずは、電車内でのマナーを守ることです。電車内で騒いだりイヤホンからの音漏れなどマナーに気を付けることにより犯罪を防ぐことになります。次に駅員に挨拶をするなどして顔を覚えてもらう事です。駅や電車内での防犯対策はもちろんですが、駅までの通学路もきちんと防犯対策をする必要があります。交番やこども110番の家をしっかり把握しておきましょう。電車通学ですと自宅からかなり離れていますので、ご近所の方々ではありません。助けを呼んでも知らん顔なんて事もあるでしょう。

電車通学の為の防犯グッズと防犯対策

電車通学は、電車内で何かあった場合防犯ブザーで音を鳴らす事は出来ませんよね。駅までの通学路では大変有効なこのグッズも電車内では役に立ちません。電車内では人に触れることが多いため防犯ブザーを鞄にぶら下げることが難しいです。そこで電車通学に便利な防犯グッズを紹介します。GPS機能の付いた防犯グッズもありますし、セキュリティ企業などと提携していて、ボタンを押すと警備保障会社に繋がり警備員が現場に向かうようなシステムなどもあります。乗車に利用するICカードでも見守りが出来ます。電車通学となると自宅からかなり離れた区域になります。予定の時間に帰って来ないなどの心配もあると思います。通学路や電車でのトラブルも把握できるような防犯対策をお子様と話し合い安全な通学を心がけましょう。