電車通学時に防犯を意識するべき理由とは

電車通学 防犯

電車通学にはさまざまな危険が伴います。密室であるがゆえに何か行われても人々の死角になる部分もあり、またどのような人が乗っているのかもわからないものです。電車のトラブルはさまざまありますが、それ以上に電車内での犯罪はよく耳にします。電車内での暴力、スリ、痴漢、時には電車での通学途中にさらわれたという話まで耳にします。人通りの少ない道を歩いている時とは違う防犯意識が必要になる時もあるのです。誰が乗っているか分からないというのは、犯罪をするつもりで乗る人や、酔っ払いのように気が大きくなって行動も大きくなる人、心神耗弱状態の方が乗っている可能性があるということです。一見してわかるのは、酔っ払いの人ですが、心神耗弱状態の方も雰囲気で分かる時があります。ここで間違えてはいけないのが妊婦さんを始め、体調不良の人たちを一緒にしてはいけないという点です。

電車通学の防犯はまずカバンを前に持つこと

電車通学の時に変えなければいけない防犯意識というのは、そこに居る人が全て良い人では無いという意識です。全てを疑え、ではないですが、隙を見せることで巻き込まれる犯罪もあるということです。痴漢やスリはまさにそういう点があげられます。リュックを後ろにかけて乗車する人がいますが、これは防犯面からも危険な行為です。まず満員電車でリュックを後ろにかけて乗ることで、他の乗客の方の迷惑になります。振り返る時などに当たったり、そもそも場所をとったり、満員電車では金具が当たったりカバンの中の固いものが当たっていたいなど、こちらが加害者になることもあります。当然満員電車のなかなので、財布なども簡単にとれてしまうこともあります。電車に乗ってスマホをいじる時に、カバンが無防備になっていても同様のことが起こります。カバンは前に持つことが電車内では基本です。

電車遊学でのスマホ行為は防犯意識が薄くなる

スマホが定着する前から盗撮行為はありましたが、携帯電話にカメラ機能がついてから、盗撮は、さらに楽に出来てしまう犯罪行為となっています。また犯罪は男が大人の女にという固定概念は捨てるべきです。そのような犯罪行為に手を染める人は、男性でも女性でもおり、男児も女児も標的になります。これを避けるには、やはり満員電車を避けるという点が大切になります。ただこれができない場合が多いので、電車に乗った時、時折周囲を見回すことで自分は警戒しているという合図を送る事が大切です。町の防犯でも、明るい挨拶や、周囲を気にしておくことが防犯になる事が多いのは、警戒していることを見せることで容易に犯罪ができないように監視していることになるからです。満員電車で周囲の人たち全てを意識することは難しいですが、電車通学でスマホや本に集中しすぎることは隙を与えるので注意が必要です。